2011年07月06日

〈屁〉という悪魔

 馬とかロバというのはよく屁をする。いや、するというより出る。しかし彼らは、いくら屁をしても屁を人間のようには意識していない。人間の止みがたい衝動は屁に対する過剰な意味づけ(観念化)であるが、そもそも(人間以外の)動物の屁とは、汗をかくのと同じ単なる生理現象にすぎないのである。

 人間とロバの屁の小話を紹介してみよう。屁が凶器になって何とも可笑し味を現象させるが、人間界にはありがちな悲劇だと納得しないか。ロバにとっては屁でもない。
 驢馬に乗って旅をしていた牧師が途中で悪魔に出会った。少なくとも牧師は悪魔だと思った。そいつが身分や姓名をちゃんと明かさなかったからだ。それはともかく、悪魔は牧師にこう予言した。
「君の驢馬が三度屁をしたら、君は死ぬぞ!」
 牧師ははじめ何をいうかと気にもかけなかったが、十五分ばかり行くと、驢馬がプスッ!と屁をした。そこで牧師は心配になって、驢馬からおり、道にころがっていた小石をひろって、ご存じのところへ栓をした。が、また十五分ばかり行くと、プスッ!と音がして、小石を遠くへすっとばした。
 牧師はまた驢馬からおりて、今度は前よりもずっと大きな石をひろって、無理矢理に例のところへ押しこんだ。そしてそのまま驢馬にまたがっていったが、今度すると三度目だと思うと、なんだか気が気でない。そこで、十五分ばかり行ったとき、驢馬からおりて、栓がうまくはまっているかどうかのぞきこんだ。が、そのとたんに驢馬が猛烈なのを一発ぶっぱなしたので、石がハッシとばかり牧師の眉間へあたって、牧師はその場に悶絶してしまった。
(田辺貞之助『ふらんす風流ざんげろく』1962年、高文社刊)

 宗教者はしばしば観念的だね。というか(こう言うと怒られるかもしれないが)かなり妄想的なのだ。牧師はなぜ、旅の途中で会った人を悪魔と妄想(観念)するのか。この妄想は抽象から象徴が発生した心的段階にあるのであるが、まず前段になる根拠(その人や物の出処進退とか)を抽象することによって、具体的な人や物をその化身と思い込むのである。この場合は人の身分や姓名を抽象できなかったので、抽象の闇(捨象)だけ抱えて悪魔だと考えたわけである。(小話の語り手は宗教者の過剰なこういう一種病的な性向について批評的だね)

 悪魔(かもしれない人)にロバが三回屁をしたら死ぬと言われて、牧師は次第に不安になってくる。ロバは屁をする。それまで牧師にとってロバは無関心の対象に過ぎなかった(単なる乗りものだった)のに、いまや屁が凶器となって暴発しそうなのだ。信じたくないが、心的な圧迫を感じないわけにはいかない。

 そこで小石で栓をした。小石は二発目の屁が出た拍子にプスッと遠くへすっ飛んでいく。驚愕し、もっと大きな石で栓をした──次第にエスカレートする牧師の対処は妄想に取り憑かれている状態。気が気じゃないね。しかし、栓をすれば屁が止まると考えるのは誤りで、少し冷静に考えればわかることだ。肛門の蓋なんかで屁は止まらない。それでは屁はたまる一方になる。

 まあ、よかれと思ってこういう対症療法に走ってしまうのが人間だね。得てして一番危険な対処をしてドツボにはまるパターンがこれだ。そもそも屁を止めようとすること自体が誤りなのであって、悪魔(と思われる人)の言うとおりなら、ここはロバを殺す以外に方法はないのである。

 それなのに、栓をして栓がうまくはまっているか確認する(それも正面からのぞき込む)という危険な行為に出る。心配のあまり危険に鈍感になっているのである。

 かくして予言を実行したのは牧師自身になってしまった。結局、悪魔は遠回しにロバを殺せと示唆したのだと考えていいのだが、牧師の行動は悪魔の意図を誤解している。悪魔の悪魔たるゆえんは、三度の屁で死ぬという嘘だ。そもそもロバ(の屁)は無害なのである。

 何でもないはずなのに、人が(屁に)過剰な思い入れをすることによって、何でも不吉(な屁)にしてしまう過程がここにはあるのだ。

 ところで、音成の知人などは他人の〈屁〉にひどく敏感で、他人が〈屁〉をすると極端な嫌悪におちいっていた。彼にとって〈屁〉は悪性ウイルスのようなもので、絶対に感染してはならない。〈屁〉が漂うと空気も周囲の物体も汚染されるのであり、彼の不浄感の発露は大変露骨(大騒ぎ)だった。音成は絶対に〈屁〉などしないように注意していた。

 久しぶりにその人に会い、何人かで一泊旅行したのだが、旅館に入るなり、その人がブッと〈屁〉をこいた。前にうっかり〈屁〉をこいて、その人から大ヒンシュクを買った奴が、ここぞとばかり「年取ると尻の穴がゆるむんか」と笑うと、その人曰く。平然として「なんだよ、お前ら屁せえへんのか」と。

 そりゃまあ、人である限り〈屁〉はこくが、あんたの変わり様はどうなんだと、我々は内心熱く憤慨したものであ〜る。

 ロバの不吉な屁にしても、不浄感いっぱいの〈屁〉にしても、我々の過剰な思い入れ(観念化)の結果だね。このように宗教者や知識人にはしきりに妄想する悪魔(のようなもの)があるんだな。しかし、その思い入れが剥落してしまうと〈屁〉はとたんにつまらなくなるわけよね。これが〈屁〉の悪魔払い。


ラベル: 悪魔 牧師
posted by 楢須音成 at 23:44| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話一発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。