2006年05月04日

結婚式に〈屁〉はあるまじきは何でだろ〜ヵ

 儀式の場で〈屁〉はあるまじきものである。ことに結婚式となると事は重大で、花嫁の〈屁〉はタブーの頂点にある(とされたようだ)。それは死を意味したんだよ。
 歴史的な証言として最近の事例は、音成が知る限り1940年頃の話が存在している。山名正太郎の『屁珍臭匂臭』に著者が身近に見聞した話として紹介してある。

「ある良家の娘さんが結婚しました。晴れの結婚式で、花嫁になったその人が、放屁したのです。
 『出ものはれもの所きらわず』の諺もありますが、緊張したせいもあったでしょう。だいいち場所がわるかった。仲人などが、おやっと思う間もなく。花嫁の姿は席に見えない。花嫁姿のまま抜け出して、一目散に走りつづけ、木曽川に飛びこんだのです。
 岐阜というところは、織田信長に縁の深い町ですが、早くから城下町ではなくなり、町人の町になりました。四角ばったところもなく、自由の気があふれ、人情もよく、暮らしやすい。そんな町に起きた事件なのです。
 とにかく、花嫁さんはもとより、関係者にとっては、あきらめきれぬ、意外な出来ごとだったのです。
 昭和十五年の春でした」

 山名は新聞記者で岐阜に転勤したとき、まず聞かされた話だったという。当時、市中を駆けめぐっていた話題だったらしい。

 山名も指摘しているが、民話や明治の新聞記事などに、昔からこれに類する話はあるのである。〈屁〉的現象としては一つの典型なのさ。
 福富織部の『屁』には明治の大阪錦繪新聞(第55号)が載せた「花嫁の放屁」の記事が紹介されている。これは1875年(明治八年)頃の話である。

「相州江の島の漁夫松本作兵衛の娘おとらは今歳十九にて、片瀬村森田安次郎方へ同村寅次が媒酌にて嫁入なし、翌日親類へ巡り媒酌の家に行き寅次の女房おくめに挨拶せんとして思わずブウと大きな放屁を發せしが、おくめも默つて居ればよきに、これはこれは初めてのお出に何よりのお土産なぞといろいろ嘲けり笑ひしが、嫁は顔を眞赤にして、其場は宅へ歸りしが、親族へも恥かしく、人に笑はれるが殘念との書置をして死せしが、安次郎は大いに驚き、おとらの首を切、書おきと共に寅次が宅へ持行き、おくめに見せしに、おくめは見て驚きわたしが過言より花嫁を殺せし事言譯なしと自殺せしが、安次郎は寅次に言譯なしと身を投げしとぞ、放屁一つで三人が命を落すとは、落し所のわるい屁で有ると諸新聞紙の評なり」

 すさまじい連鎖の事件だが、花嫁の切迫した心情が際立つ。同種の話で落語に「満員」(三遊亭円馬)というのがあるが、こちらは「花嫁の放屁」で関係者が次々に井戸に飛びこんで自殺する連鎖を単純に笑い飛ばす話になっている(井戸が満員御礼になったというオチになる)。
 問題は発端となった「花嫁の放屁」である。

 一般に儀式の場で異音、異臭がタブー視される度合いは極めて強いと言わねばならないね。まあ、儀式でなくともタブーではあるのだが、緊張した場の雰囲気を根幹から台無しにするものとして、〈屁〉はとても強烈に作用する場合があるわけさ。

 その異質性は悲劇喜劇を生む。ここで〈屁〉がもたらすものは「恥」なのである。恥の心理は時代によって推移し濃淡を見せるが、「花嫁の放屁」は〈屁〉に内在する恥を、花嫁という社会的立場を通して提示している。(江戸時代の嫁の立場については前にも「江戸の嫁たちは〈屁〉に泣いた」で取り上げた)

 現代の嫁の立場(こういう言い方自体どうかねー)は昔とは違うにしても、少なくともこの記事に描かれた花嫁は(男性上位社会の社会性から見れば)一番の弱者である。花婿・花嫁は結婚によって世間に登場するスタートラインに立ったばかりで、厳しく世間体(礼儀・節度・体面・要領など)が要求される。花嫁の場合は(弱者であればあるほど)完璧でありたい(でなければならない)という内外の要求が強いのである。

 かくして「恥」の強度は増す。それが身も蓋もないのは〈屁〉であるがためである。たかが〈屁〉は完璧に制御するのが世間体である。されど〈屁〉は制御しにくいのである。糞や尿にくらべても「つい」取り外す危険性は高いという意味で、実のところ「恥」の強度は深刻なのである。弱者ほど恥は深刻でもある。だけど、実際に放出した後の影響度合いからいえば、誰が深刻な被害に遭うわけでもないんだね。

 ここに〈屁〉的現象の特異な相貌があるわけさ。異音、異臭の役立たずな(意味不明の)ガス体は下半身から突然(制御不能で)飛び出してくるのである。

 それにしても、なぜ花嫁は死に急がねばならんのか? 「花嫁の放屁」に類する話があちこちで繰り返し取り上げられる背景には、人間心理(恥)の絡み合いの深い構造があるようだね。そこは実に興味深いと言わねばならんよ。


posted by 楢須音成 at 18:07| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 断片考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。